こんにちは。
ツカミトリオです。
(Twitterのアカウントは@tsukamitorio です!)

一度、本業?の方の
お見合いネタをはさみたいと思います。
この記事は商談とかにも使えると思いますよ!

konkatsu_party_omiai


はじめて会う人は

どんな話をしてくるか、


そんなことはわかりません!


お見合いで話がふくらまない、あるあるです。

 

ぼくが意外と平気なのは以前、相談員を

やっていたからかも
しれません。

相談員っていきなり初対面の人に相談されます。
counselor


その時に

・いかにリラックスをしてもらうか?

・いかに相手の話を聞きだすか?

・相手が話したいことをどれだけ話してもらえるか?


ここが重要でした。

 

お見合いは相談業務に似ているのかもしれません。


むしろこれが3つのポイントかもしれませんね(笑)

 

でもそれとは別に3つのポイントを書いてみます。

今回の記事はお見合いに限らず

コミュニケーションの話かもしれませんね。

 

実は・・

わからない話はチャンス!

 

ぼくはわからない話を聞くの大好きです。


だいたいの人はお相手が自分がわからない話をしたら苦痛です(笑)

でも相手にとっては大好きなことだったり、

趣味だったりするんです。


自分の好きな話をするのって気持ちいいじゃないですか。


それをあえて聞きます。

 

男性:「好きなことととか趣味とかなんですか?」

女性:「○○が好きです。」

男性:(やべっ、全然知らないし、興味ない・・・。)

    「あっ、そうなんですか・・・へ~」

チーン・・・終了

 

ではなく

あえて

 

男性:「好きなことととか趣味とかなんですか?」

女性:「○○が好きです。」

男性:「へ~、○○が好きなんですか~、僕は全然わからないんですかけど

    どこが面白いんですか?」

 

ここにはポイントが3つあります。





目次
1.同じ言葉をくりかえす(共感)
2.知ったかをしないで「わからない」意思表示 
3.わからないことはあえて聞いてしまう

1.同じ言葉をくりかえす

「○○が好きです。」「○○が好きなんですね~」


同じ言葉をくりかえす技法で

よく言われる「共感する」
テクニックです。

この人は私の話を聞いてくれているんだ、

ということを相手が感じて
くれます。

2.知ったかをしないで「わからない」意思表示

共感をするのは大事なんです。

ですが話を聞いてくれるんだ!と思われて


ずっと話をされるのはさすがにきついです。


お見合いなので自分の話をすることも重要なので、

話は聞きますけど


「知らない話を聞いてますよ~」っと

暗にメッセージを送るといいと思います。

 

ドツボにハマって

 ・男性アイドルの話をひたすら聞く

 ・会社の後輩の愚痴をひたすら聞く
 (次に会った時も続いたのでお付き合いをお断りし
ました)


何てこともありました・・・

3.わからないことはあえて聞いてしまう

例えば

・仕事

・趣味

・出身地

あえて

「どういうお仕事内容なんですか?」

「それってどんなことするんですか?」

「行ったことない場所なんですけどどういう場所なんですか?」

 
と聞くと、

 
だいたい話をしてくれますよ。

 
逆に質問攻めに合うこともありますが

 
その時は

「○○さんはどうなんですか?」

 
って切り返せばいいと思います。

 
お互いの話ができてお互いの理解が進みますからね。

 

最近の女性はヨガとかピラティスとかやっている人多いです。
 
だいたい趣味の欄に書いてあります。


自分はさっぱり興味ないですが(笑)


 一度、化粧品の販売をしている方と


お見合いしたときに


僕がやたら化粧品のブランドを知っていたので


驚かれました。

むか~し付き合って子が化粧品マニア
だったのですが・・・。

男性の方、化粧品の販売員の人と化粧品の話できますか?

 

今回の記事を参考に練習をしてみて下さいね。

今回のシーンは

お見合い以外のシーンでも参考にできますよ!